一生ものの買い物|仏壇選びのチェックポイント

納骨堂の選び方と種類

花

遺骨の安置場所には様々な選択肢があり、それはお墓であったり霊園であったりと様々な方法があります。その中でも納骨堂に遺骨を安置したいという方がいらっしゃるかと思います。納骨堂での安置というのはまだまだ知名度が低く、詳しく知らない人もいるでしょう。納骨堂に安置した場合、通常のお墓参りでイメージされる花や線香などを供えて墓石を拝むといったことはできません。また、直接遺骨の保管されている前まで立ち入ることはできない施設もあり、安置する納骨堂を選ぶ際には自分が納得できる参拝方法なのかどうかを確認しておく必要があるでしょう。また、遺骨の管理がしっかり行われているのかも確認する必要があります。老朽化や災害での被害に対してきちんとした対策が行われているのか、納骨堂の使用量にそういった場合の修理費が含まれているのか確認しましょう。
宗教による宗派、供養方法など施設によって変わってくるため、そういった点も自分の納得できる内容の施設を選ぶことが重要になります。納骨堂の種類としてはロッカー式、棚式、仏壇式、お墓式と様々なものがあり、ロッカー式のものであれば名前の通りロッカーと同じような造りで個別の収蔵庫が並んでいるものとなります。また、収蔵庫の上段と下段で料金が変わってくる場合もあるので、この方法で納骨する方は確認しましょう。棚式では棚に骨壷を並べ収蔵します。仏壇式では、遺骨の納骨場所に仏壇のような装飾が施され、その内部には本尊、焼香具、燭台、花入れなどが備え付けられています。お墓式は屋内にお墓を建てる方法で、屋内でありながら通常のお墓参りと同様に花や線香を供えてのお墓参りを行うことが可能です。こういった様々な納骨堂の種類の中から、自分の行ないたい参拝方法にあったものを選ぶことで納得して遺骨を安置することができるでしょう。